『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『バーバー』
映画「バーバー」

ロンドン批評家協会男優賞受賞

小さな村のアメリカの床屋が思いついたちょっとした脅迫から思わぬ事件に発展してゆく。主人公の床屋エドが紳士的で狂った思考は現代人の「自分だけがまとも」と思う所に共感させるんだと思った。無言で、何を考えているのかわからない顔。長い話なのにかなり面白い。モノクロ映画に色をつけたんだったかな…。
「リーデンシュナイダー」の名前が何故か印象的だった。事実無言の主人公と反して相手に相槌をうつ間もなくマシンガントークキャラクターは面白かった。
(MIBスパイキッズのトニーシャープ)

サスペンスにしてはスリルはまったくない。本を読んでいる感覚。殺人でお決まりの女の悲鳴もなく、淡々と男が喋る。映像がどうの演技がどうのと言うより、ストーリーにあわせた演出が素敵だった。

結構おすすめ!
ただ、二時間近くあるので時間のある人だけどうぞ(笑)雰囲気が肝心なので途中からみるとわけが解らなくなるかもしれない。
スポンサーサイト
【2006/03/26 17:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメソト(0) |
<<新喜劇かよ! | ホーム | キーラ・ナイトレイ>>
comments
please comment











管理人のみ

trackback
trackback url
http://rasyou.blog54.fc2.com/tb.php/32-1c83437f
| ホーム |

template designed by tylove*てきとぉ~*
GIF:instance&:トラベルミン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。